ハースストーンのデッキ紹介ブログです!

【Hearthstone】ぷらてぃぱすビーチ

【Hearthstone】偶数シャーマンでランク戦!怒りのハンター潰し!!怒涛の盤面展開で獣なんてゴリ押していけ!!レクサーに勝てるぞぉおおお!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
現在26歳 Hearthstoneの実況動画をYoutubeに投稿しつつ ブログでは好き勝手にしゃべくり倒しているお兄さんです。 見に来てくれてありがとう!

ハンターに勝てるんだぁ!!OTKも押し潰せるし、アグロミラーにだって強い!結構な相手をカバーしてるぞこれ!?ヒバナウナギはウサギじゃない!

ぷらてぃぱすです。

今回紹介するのはnerucさんがレジェンド81位を獲得した

偶数シャーマンです。

ハンターに勝ちやすい構成になっており

nerucさんの戦績はハンター相手に

10勝3敗!!!

こりゃあ期待しかない!

レクサーぶっとばすううううう!

デッキコードは記事下にあります

序盤から盤面を支配する

 

1マナになったヒロパと併せて、盤面制圧に長けた2マナミニオンが多く採用されています。

1ターン目にヒロパをすることがほとんどなので、「ダイアウルフ」や「炎の舌のトーテム」は2ターン目からきちんと仕事ができます。

ハンターが1ターン目に、次ターンの「レイザーモー」を意識して出す「スプリングポー」を取れるのは意外と大きいです。

出てきた「レイザーモー」には「ヨドミノヒバナウナギ」を使いノーリスクで除去してやりましょう。

とにかく盤面を取ることに注力して、安全なボードに後続のミニオンを着地させていきましょう。

 

4ターン目から顔へ移行

4ターン目までに盤面制圧ができていると

もうなにを出されてもミニオン同士の殴り合いで遅れをとることはないでしょう。

余ったミニオンで顔へのプッシュを始めていきます。

 

想像以上に簡単にだせてしまう「海の巨人」さん。1回でも8点で顔を殴れたら大体いける。

ヒロパが1マナなので、それで出たトーテムの分「巨人」のマナも1下がります

「巨人出す前にヒロパ」を念仏のように唱えましょう。動画の自分はすっかり忘れて先ヒロパ警察のお世話になっています。

 

中盤から登場する「躯の駆り手」や「ハーフタイムの清掃員」は相手の急襲ミニオンやスペルで除去されづらい為、中盤相手の体力を削る重要なカードになります。

 

「風の王アラキア」1枚で、「躯の駆り手」に必要な効果は全てついてくれます。

相手は盤面が空の状態から、聖なる盾持ちの「躯の駆り手」を4~5マナで除去するのはかなり大変で、それにばかり目をやっていると、他の残っているミニオンに顔を詰められるという状況を作れます。

生き残った場合は「炎の舌のトーテム」や「大地の力」などで攻撃力を上げきっちり2回顔面パンチを喰らわせてやりましょう。

 

 

採用のめずらしい「ハーフタイムの清掃員」ですが、ほぼ確実に次ターンまで生存できるため、「炎の舌のトーテム」などのバフシナジーを大変活かしやすいです。

奇数パラディン相手に新兵を取り続けて装甲を稼ぐ動きは強力でした。この1枚のおかげでアグロミラーに強くなっている印象です。

隠れ身があることで相手には除去して展開を許さないプレッシャーを与えるプレイが可能です。

 

 斥候ガチャが決まる

最初にこのデッキリストを見た際、「瞬く瞳の斥候」は遊び心で入っていると思いましたが、使ってみると決まる決まる!

よく数えてみるとこのデッキには6コスト以上のカードが11枚も入っており、序盤の展開が嘘のように終盤もマナをほとんど使用した強い動きができるようになっています。

それもあり「ハガサ」や「リッチキング」などの強カードが引けたり、「海の巨人」が引けた時にはそのまま0コストになってポンと出せてしまいました。

4ターン目に「躯の駆り手」がなければ「斥候」は問題なく出していけます。

 

ジヒィで逆転の機会を潰す

盤面を作り上げたあとや、リーサルが見えだしたら、即刻「モジョー使いのジヒィ」を投げつけてやりましょう。

それ以外の場面では相手がDKになる直前や、コンボを決める直前など、普段通りにぶっさしていくのもOK!

「ズルジンはさせない」という強い意志を感じる、、、

そんなにうまくはいかない、と思わないでください。

相手もDKなどの必勝カードはデッキに1枚しか入っていないものですし、コンボパーツに至っては複数枚手札に集めなければならないことを考えると、「ジヒィ」が刺さる状況はかなり多くあります。ですが基本それまでに押しきって勝っちゃいます。

 

ハンターに勝てる喜び

個人的にはこれに尽きます。

獣ハンターとマッチしたときに喜べるのは心理的にすごく楽にランク戦を回せて、いつもとは違う意味でオススメできます。

強力なアグロライバルである奇数パラディン奇数ローグにもしっかり戦えて、ハガサで粘り勝ちなんて試合もザラにあるので、是非試してみてほしいです!

HSReplay.netによるとコントロールウォーロックや奇数クエストウォリアーに有利とのデータもしっかり出ており、得手不得手はありますがアグロにしてはかなり広い範囲の敵に対応できます。一試合の時間が短めなのもグッド! 

 

 

↓デッキコード
AAECAaoICiCZAooHiMECps4Cws4C9uwCp+4CzfQCwI8DCr0B0wH+BdkH8AeW6AKU7wKw8AKZ/wKKgAMA

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
現在26歳 Hearthstoneの実況動画をYoutubeに投稿しつつ ブログでは好き勝手にしゃべくり倒しているお兄さんです。 見に来てくれてありがとう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 【Hearthstone】ぷらてぃぱすビーチ , 2019 All Rights Reserved.